カテゴリ

HOME > ブログ > 美容の話 > 手ぬぐい洗顔がおすすめな理由☆

ブログ

< スカルプケアで余分な老廃物にサヨナラ☆  |  一覧へ戻る  |  覚えておきたい化粧水の馴染ませ方☆ >

手ぬぐい洗顔がおすすめな理由☆

いわき市湯本の美容室アンジェリクの成田です(^^)!

ブログ画像

手ぬぐい洗顔でツルツル肌を目指しましょう(^^)!

【手ぬぐいの特徴とは?】
手ぬぐいの素材はタオルと同じ木綿ですが、タオルとは織り方が異なり、手ぬぐいは糸が縦と横に交差して織り上げる「平織り」で作られています!その為、布が薄いのが特徴です!また、吸収性が良く、早く乾く・カビにくい・カットしやすい、という特徴もあります(^^)!

【「手ぬぐい洗顔」のメリット】
◎古い角質を除去して角質ケア
手ぬぐいは目の詰まった布で、繊維がとても細かい為、ソフトなピーリング効果が期待できます!古い角質を除去することで、くすみが解消される・肌に透明感が出る・肌のターンオーバーが整うなどの効果が期待出来ます!

◎毛穴の黒ずみ改善
手ぬぐいの細かい繊維と、石鹸の泡とでしっかり毛穴の汚れを落としてくれるので、毛穴の黒ずみが改善されます!

◎浸透力アップ
古い角質が取り除かれることで、洗顔後に使うスキンケア製品の美容成分の浸透力が高まります!

◎メイクも落とせる
アイメイクだけ専用のクレンジングで落とせば、クレンジング剤による肌への負担を減らせます(^^)!

【手ぬぐい選びのポイント】
・手ぬぐいの染料は落ちやすい為、色柄ものよりも白無地や白無地に近いものがオススメ
・素材は木綿100%のもの
・なるべくキメの細かいもの
・蛍光剤を使っていないもの
・日本製のもの

【「手ぬぐい洗顔」のやり方】
必要なものは、手ぬぐいと石鹸だけ!
1. 顔をぬるま湯で濡らす!アイメイクなど濃い部分は、専用リムーバーで事前に落としておくと良いです!
2. 手ぬぐいをぬるま湯に浸し、軽く絞ってから顔を拭く!
3. 手ぬぐいに固形石鹸をつけ、泡立てる!
4. 泡立てた手ぬぐいで、顔全体をなでるように優しく洗う。顔の上から順に、円を描くようにクルクルと!
5. ぬるま湯で、石鹸をしっかり洗い流す!

【「手ぬぐい洗顔」のポイント】
・肌への刺激になってしまうので、決してゴシゴシ擦らない
・肌の上を泡で滑らせるように優しく洗う
・小鼻など細かい部分は 、指に手ぬぐいを巻きつけると洗いやすい
・洗顔後はしっかりと保湿する
・雑菌が繁殖しないよう、使い終わった手ぬぐいはよく洗い、広げてしっかり乾燥させる
・最初は週2~3回からはじめ、肌の様子を見ながら行う

ブログ画像

もちろん身体にも使えますよ!

カテゴリ:

< スカルプケアで余分な老廃物にサヨナラ☆  |  一覧へ戻る  |  覚えておきたい化粧水の馴染ませ方☆ >

同じカテゴリの記事

覚えておきたい化粧水の馴染ませ方☆

いわき市湯本の美容室アンジェリクの成田です(^^)!

ブログ画像

もうすぐ冬本番!寒い冬はボディのカサつきだけでなく顔の乾燥に悩み始めますよね!きちんと化粧水をつけているはずなのに肌が乾燥して辛いという方は、馴染ませ方を見直してみませんか?意識して化粧水をつけていきましょう(^^)!

化粧水をきちんとつけて保湿しているのに、肌が乾燥して元気がない、ファンデーションがうまく乗らずにカサカサする、という場合はまず化粧水の馴染ませ方を見直すといいでしょう!

化粧水を付ける際、マッサージするようにぐいぐい擦りながら化粧水をつけていたり、もったいないからと少しだけ使っていたり、一部分だけ念入りにつけていませんか?ここからは乾燥を予防する化粧水の馴染ませ方をご紹介していきます(^^)!

化粧水を正しくつけることで、肌が潤いで満たされてキメがふっくらと整います!きちんと馴染ませれば、ごわついた肌もなめらかになり透明感が高まるため、化粧水のつけ方はとても重要!特に乾燥しやすい方は、化粧水をたっぷりバシャバシャつけたり、ぐいぐい押し込むようにマッサージをしながら塗ったり、コットンで激しくパッティングすることは控えましょう!

化粧水を馴染ませる際にとても大切なのが、顔の隅々まで均等につけてあげること!バシャバシャとたっぷりひたひたになるくらい重ね付けしていても、意外と顔の隅々まで馴染んでいない可能性があります(^^)!

まずは手持ちの化粧水に記載された規定量を清潔な手のひらにとり、両頬や額においてから、両手のひらで包み込むように伸ばしながら馴染ませましょう!そして、口の横から耳、額からこめかみに向かうように、顔の中心から外側へ馴染ませてくださいね!目頭や目尻、小鼻や口元、ほうれい線などの細かい部分にも優しく重ね付けをして、最後に手のひらで押さえるように馴染ませた化粧水を入れ込んで完了です!

化粧水をしっかり馴染ませたあとは、水分や潤いの蒸発を防ぐためにも保湿クリームや乳液をムラなく伸ばすこともポイントですよ!ブログ画像

化粧水をつけているのに肌がカサついて悩んでいる方は、自分が普段どのように化粧水を馴染ませているか確かめつつ、均等にムラなくつけることを意識してみるといいですね!毎日のスキンケアに欠かせない化粧水を上手に使って、冬の乾燥に負けない肌づくりをしていきましょう(^^)!

スカルプケアで余分な老廃物にサヨナラ☆

いわき市湯本の美容室アンジェリクの成田です(^^)!

ブログ画像

フケやかゆみなどの悩みを抱える方が後を絶たないのは、髪のお手入れは万全でも頭皮までケアが行き届いていないことが考えられます!エステティシャン顔負けのスカルプケアであなたの髪や体に嬉しい変化を起こしてみませんか?

「スカルプ」というキーワードが美容室をはじめ、雑誌などのメディアでも頻繁に使われるようになりスカルプケアが人々の間で注目を集めていますーその基本は毎日のシャンプーですが、正しい方法で行うことで髪や頭皮だけでなく、全身からの毒素排出を促すことが期待できます(^^)!

<スカルプケアに期待できる効果>
東洋医学の考えによると頭部は「経穴=ツボ」の宝庫です!ツボを押すことで血液やリンパの流れが良くなり、汚れや毒素がスムーズに排出されるため発毛・育毛だけでなく美肌・ダイエットなど全身に好循環がもたらされます(^^)!

【POINT】
スカルプケアの第一歩は頭皮の状態を良く見て触れてみることです!例えばストレスを感じると血行が悪くなるため頭皮がコリコリに固くなるという特徴があります!健康維持のためにも毎日こまめに頭皮チェックを行いましょう!

「頭皮の大掃除」に便利なのが天然のオイルを使ったケア方法!毛穴に詰まった頑固な汚れを速やかに除去し、老廃物を排出しやすくなります!

<準備するもの>
・オリーブオイル
・フェイスタオル
・バスタオル
・シャワーキャップ
・シャンプー

<やり方>
1.頭皮にオリーブオイルをすり込むように塗っていきます!
2.全体的に行き渡ったら指の腹でじっくりマッサージしていきましょう!
3.蒸しタオルを2枚分後ろから頭を包むように巻き、額の上で内側に折り込みましょう!
4.3の上からシャワーキャップを被り、さらにその上からバスタオルを巻きます。この状態を10分間キープしてください!
5.タオルとシャワーキャップを外し、2回シャンプーします!1回目は全体的にもみ洗いし、2回目は頭皮を中心に指の腹でマッサージしながら洗いましょう!

ブログ画像

オイルを使ったスカルプケアは月に1~2回程でOKですが、定期的に実践して毛穴詰まりする前に汚れを取り除いておきましょう!

しじみに期待できる美容、健康効果☆

いわき市湯本の美容室アンジェリクの成田です(^^)!

ブログ画像

しじみといえば肝臓の働きをサポートする成分を含むことから、飲み会前にしじみエキス入りサプリメントを活用している方も多いことでしょう?また、しじみは二日酔い対策だけでなく女性に嬉しい美容効果も同時に期待できることはご存じでしょうか?

しじみには肝臓でタンパク質の合成を促進するアミノ酸「オルニチン」をはじめ、ビタミンやカルシウム・鉄分・亜鉛など人が生きていくために必要な栄養素が豊富に含まれています!また、二枚貝の中でも特に小型で淡水に近いところに生息しています(^^)!

<アンチエイジング効果>
オルニチンは体内に入ると納豆にも含まれるアンチエイジング物質「ポリアミン」に変化しますーまた、コラーゲンの合成を促すビタミンCや活性酸素の悪影響から守る若返りのビタミン「ビタミンE」などの働きによって肌老化を効率よく防ぎます!

<ダイエット効果>
オルニチンには成長ホルモンの分泌を促進する効果が期待できますー成長ホルモンの分泌量が増えることで新陳代謝が活性化され、痩せやすい体質へ改善できます!

<ストレスの軽減>
オルニチンにはストレスホルモンの一種「コルチゾール」の分泌量を軽減する働きがありますーまた、コルチゾール以外にもフェニルアラニン・トリプトファン・チロシンなど自律神経の乱れを整えるアミノ酸が豊富に含まれています!

<疲労回復>
オルニチンの働きによってアンモニアの解毒を促進し、疲労回復効果が期待できます!

しじみラーメンの作り方をご紹介します!ダイエット中の方は中華麺の代わりにスーパーの店頭にも並んでいる糖質ゼロ麺などの食材を活用しても良いでしょう(^^)!

【しじみラーメンの作り方】
<材料>
・中華生麺 1袋
・しじみ 1/2パック
・昆布 1枚
・いりこ 3~4匹
・茹で卵 1個
・メンマ 30g
・わかめ 適量
・塩 適量

<作り方>
1.鍋に水を入れ、しじみ・昆布・いりこを加え加熱します!
2.沸騰する直前に昆布といりこを取り除きます!
3.弱火にし、アクを綺麗に取り除いたら塩で味を整えます!
4.丼にスープ・茹でた中華麺を入れます!
5.4の上にゆで卵・メンマ・わかめをトッピングして完成です!

ブログ画像

インナーケアにご興味がある方は是非、日々の食生活にしじみを取り入れてみてくださいね(^^)!

スキンケアとインナーケアで赤ら顔を解消☆

いわき市湯本の美容室アンジェリクの成田です(^^)!

ブログ画像
特に寒くなると、肌が赤くなったりほてりに悩む方が増えます!頬や鼻などが赤くてファンデーションやコンシーラーでも隠しきれない、という方は自分の赤ら顔の状態を見極めて正しいお手入れをしていきましょう(^^)!

主に赤ら顔は「アレルギーなどによる肌の炎症」「毛細血管が拡張した状態が続いて肌に透けて見える」「皮脂が酸化して刺激となり炎症を起こしている」という3つの原因があります!

顔が赤くなっているときには、なるべく落ちやすいファンデーションに変えて丁寧にクレンジングや洗顔をしたり、刺激の少ない化粧水、乳液、クリームを使って潤いを与えることが大切です!水分と油分をバランスよく補って普段から乾燥させない肌を保っていきましょう!

また、冬は寒い外と暖房で暖かい室内との温度差で赤ら顔になることもあるため、外出時にはネックウォーマーやマフラー、マスクなどで優しく顔を覆い、冷たい外気に触れない工夫をするのもおすすめです!顔だけでなく、暖かい靴下を履いたり、温かい飲み物を飲んだり、血行促進効果のある入浴剤を入れてゆっくりお風呂に浸かるなど、冷え対策をしっかり行ってください(^^)!

皮脂分泌が多くて小鼻の赤みが気になるという方は、皮脂が酸化することで刺激となり炎症が起きている可能性があります!分泌された皮脂はこまめにあぶら取り紙などで取り去り、化粧水や美容液などで水分を重視したスキンケアをしていくといいでしょう!

また、赤ら顔は元々肌が薄くて乾燥しやすい肌質の場合が多いです!普段から肌を乾燥させないように保湿対策を心がけて、刺激の強いピーリングやゴマージュ、マッサージなどのお手入れは赤みが引くまで避けることをおすすめします!冬は空気乾燥によりあらゆる肌トラブルを引き起こすため、もう一度自分のお手入れ方法を見直してみてください(^^)!

ブログ画像

顔のほてりや赤みは身体の冷えも関係しているので、冬は特に冷え対策に力を入れることが大切ですー刺激を与えない丁寧なお手入れ、潤いをたっぷり与えて乾燥させない保湿ケア、冷え対策を心がけて赤ら顔のお悩みを解決してみてはいかがでしょうか?

こうじ甘酒を使ったおすすめ美容レシピについて☆

いわき市湯本の美容室アンジェリクの成田です(^^)!

ブログ画像

腸内環境を悪化させてしまうと肌荒れや肥満、アレルギー症状、さらにはガンなどを引き起こす可能性もあります!
腸内環境を整えるには、まず食生活の見直しから始めてみましょう!
なかでもおすすめなのがこうじ甘酒を使ったレシピです(^^)!

<こうじ甘酒の作り方>
【材料】
・白米 1合
・水 600ml
・追加分の水 200ml
・乾燥米麹 200g

【作り方】
1.米を洗い、600mlの水に30分間つけておきます!
2.おかゆモードで1を炊きます!
3.水200mlを加え、60度前後まで温度が下がるのを待ちます!
4.乾燥米麹を混ぜ、炊飯器の蓋を開けたままふきんをかけます!そのまま保温モードで約8時間置きましょう!
5.色がほんのり黄色くなったら完成です!

<POINT>
4の工程の間は55~65度をキープしましょう!
温度が低くなってきたら炊飯器の蓋をして温度を上げて微調整してあげると良いです!

こうじ甘酒を調味料として加えたタンドリーチキンの作り方です!
お肉に甘酒という組み合わせはとても意外かもしれませんが、こうじ菌から生まれる酵素には、
でんぷんやタンパク質を分解する働きがあるためお肉を柔らかくする効果に期待できます!
また、こうじ甘酒には旨み成分であるアミノ酸がたっぷり含まれているため
料理にちょっと足すだけで食材の本来の旨みを引き出すことができます!

<こうじ甘酒入りタンドリーチキンの作り方>
【材料】
・鶏もも肉 1枚
・こうじ甘酒 大さじ2
・ヨーグルト 大さじ2
・トマトケチャップ 大さじ1
・カレー粉 小さじ1/2
・にんにく 1片
・塩胡椒 適量
・オリーブオイル 大さじ1

【作り方】
1.フォークで鶏もも肉の両面に穴を満遍なく開けていきます!
2.ビニール袋にみじん切りにしたにんにく、オリーブオイル以外の調味料を加え、
1を入れてよく揉んだら冷蔵庫の中で半日ほど寝かせます!
3.天板にクッキングシートをひき、180度に余熱しておいたオーブンで約15分間加熱します!

ブログ画像

こうじ甘酒の基本的な作り方やおすすめ美容レシピについてピックアップさせて頂きました!
あなたもこの機会にこうじ甘酒を毎日の習慣にしてみませんか?

WEB予約はこちら