カテゴリ

HOME > ブログ > 美容の話 > 白インゲン豆に含まれる意外な成分とは☆

ブログ

< ネイル  |  一覧へ戻る  |  小学生ご卒業おめでとうございます >

白インゲン豆に含まれる意外な成分とは☆

いわき市湯本の美容室アンジェリクの成田です(^^)!

白インゲン豆にはあるダイエット成分が豊富に含まれているんです(^^)!

白インゲン豆は中南米が原産のマメ科の一年草です!価格も安く、タンパク質・カルシウム・鉄分・食物繊維など栄養バランスも非常に優れているため世界中で最も食されている豆類です!

また、この白インゲン豆には「ファセオリン」と呼ばれるダイエット成分が豊富に含まれていることから、無理な食事制限をすることなくスムーズに減量効果を実感できます(^^)!

白インゲン豆のカスレのレシピをご紹介します!カスレとは肉や野菜と一緒に白インゲン豆を煮込んだフランス南部、ラングドック地方の伝統料理のこと!そのまま食べるのはもちろん、バゲットの上に乗せて食べるのもおすすめです!

【白インゲン豆のカスレの作り方】
<材料>
・白インゲン豆(缶詰) 200g
・豚バラ肉 200g
・ソーセージ 4本
・玉ねぎ 1/2個
・セロリ 1/2本
・ニンニク 1片
・トマト缶(ダイス)1/2缶
・白ワイン 1/2カップ
・水 2カップ
・ローリエ 1枚
・サラダ油 大さじ1/2
・オリーブオイル 大さじ2
・塩胡椒 適量 
・固形スープの素 1個 
・バン粉 適量

<作り方>
1.玉ねぎ・セロリ・ニンニクは薄切りに、ソーセージは2~3等分に切ります!
2.豚バラ肉は3cm角にカットし、塩(小さじ1杯程度)をまぶしてラップに包み、一晩冷蔵庫で寝かせましょう!
3.2の豚バラ肉の表面についた塩を流水でさっと洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取りましょう!
4.フライパンにサラダ油を中火で熱し、豚バラ肉を5分程焼いて一旦取り出します!
5.4のフライパンに玉ねぎ、セロリ、ニンニクを加えしんなりするまで炒めていきましょう!
6.5の野菜を鍋に入れ、トマトを加え木べらでつぶしながら強火で加熱します!
7.ふつふつと煮立ってきたら4の豚バラ肉・ソーセージ・白インゲン豆・水・白ワイン・ローリエを加えます!
8.固形スープの素と塩コショウで味を整え、時々混ぜながら50分ほど弱火でじっくり煮込みます!
9.耐熱容器に8を平らにのせ、パン粉とオリーブオイルをふりかけます!
トースターでパン粉がこんがりと色づくまで10分程焼いて完成です!

ブログ画像

白インゲン豆の成分に活躍してもらって、ダイエットに効果が出ると良いですね!

カテゴリ:

< ネイル  |  一覧へ戻る  |  小学生ご卒業おめでとうございます >

同じカテゴリの記事

ボディの乾燥を防ぐには洗うケアから☆

いわき市湯本の美容室アンジェリクの成田です(^^)!

ブログ画像

カサつくボディを放っておくとかゆみの原因になってしまうのはわかっていても、広範囲のボディの保湿ケアをするのはちょっと面倒ですよね!ボディの乾燥を防ぐためには、基本的に洗うケアから見直してあげることがポイントですよ!

汗をかいてベタつく夏はさっぱりとした洗い上がりのボディソープを使ったり、ナイロンタオルでゴシゴシ洗っていたという方も少なくないのでは!しかし、乾燥しやすい冬にも同じような洗い方をしていると、肌がどんどんカサついてしまうため注意が必要です!ボディソープは保湿力の高いものを使い、たっぷりの泡で、タオルの代わりに手のひら洗いをしてあげるだけでもだいぶ乾燥を防げます(^^)!

ボディソープには大きく分けて液体タイプ・泡タイプの2つがあります!リッチな濃密泡に包まれてしっかり洗いたい方は液体タイプ、自分で泡を立てるのは面倒、ふわっと軽やかな泡で洗いたい方は泡タイプのボディソープがおすすめです!いきなり大きなサイズのボディソープを買うよりも、トラベル用のサイズやサンプルを使ってみて、洗い上がりがきちんと潤っているか確かめるとボディソープ選びの失敗を防げます(^^)!

ボディソープはとにかくたっぷりの泡を立ててクッション代わりにしてあげることが大切!しっかりとツノが立つような泡を作り、全身を泡で包むようにして洗っていけば摩擦や刺激を回避できます。ナイロンタオルなどを使ってこすり洗いをすると、乾燥だけでなく色素沈着の原因になってしまうため、手のひらを使って優しく丁寧に洗いましょう!手のひら洗いだと汚れが取れないのでは?と思いがちですがぬるま湯で全身を洗い流すだけでも身体についた約8割の汚れが取れます!今までナイロンタオルなどでゴシゴシ洗いしていた方がいきなり手のひら洗いに変えるとかなり物足りなさを感じてしまいますが、ボディの乾燥を防ぐためにも少しずつ慣らしていきましょう(^^)!
ブログ画像

丁寧に身体を洗っても、熱いお湯に長時間浸かっているとどんどん肌の潤い成分が流れ出てしまうため、熱いお湯を避けて入浴することも重要ですー湯船から出たら肌が濡れたままオイルを塗ってあげるとより肌がしっとりしておすすめですよ!ボディの乾燥を防いでなめらかな素肌を手に入れてみてくださいね(^^)!

体脂肪率コントロールの秘訣とは...

いわき市湯本の美容室アンジェリクの成田です(^^)!

ブログ画像

自分の体重は把握しているのに、体脂肪率を把握していないという方は案外多いものです!体脂肪率とは全体重に占める体脂肪の割合のことですが、体重を落としても、脂肪ではなく筋肉が落ちていることも!そこで、体脂肪率を落とす秘訣をご紹介致します(^^)!

【体脂肪とは】
体脂肪とは体に貯えられた脂肪のことで、主に脂肪細胞に貯えられています!また体脂肪率とは体重に占める体脂肪の比率をパーセントで表したものです!

【適正な体脂肪率】
家庭用体脂肪計での設定では、成人女性は30%、成人男性は25%という基準が設けられており、それぞれの数字を超えると体脂肪量増加状態にあります!

【体脂肪が増えやすい人とは】
・運動習慣がない
・アルコール摂取が多い
・食生活が乱れがち
・ストレスを感じることが多い
・喫煙をしている

このような習慣がある人は体脂肪が増えやすい傾向があります!年齢を重ねるにつれ、運動する量は減ってきたが、食べる量は若い頃と変わらない、という方は注意が必要です!

体脂肪を効率よく落とすには、日常の生活習慣が大事になります!そこで、効率よく体脂肪率を落とせる生活習慣の方法をいくつかご紹介致します!

<バランスの良い食事>
ビタミン・ミネラル・たんぱく質・食物繊維を中心とし、糖質や脂質は少なめな食事がいいでしょう!一汁三菜のような和食が理想です!こってりした料理や外食、揚げ物などは控えめにしましょう!

<有酸素運動>
運動の中でも有酸素運動は体脂肪を減らすために効果的です!ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を習慣にしましょう!有酸素運動は、体内の脂肪を体を動かすエネルギーに変換し、脂肪を燃やします!その結果、肥満の解消や体脂肪の低下に繋がります!

<筋トレ>
有酸素運動に筋トレを組み合わせると、筋肉量が増え、基礎代謝も上がり、脂肪の燃焼率が上がります!筋肉量が増えると、脂肪を燃やす働きが増します!スクワットや腹筋を一日30回行うだけでも、相乗効果が期待できます!

ブログ画像

当たり前のことではありますが、効率よく体脂肪率を落とすには、栄養バランスの良い食事と、日々の軽い有酸素運動を習慣にし、それをゆるく長く継続できることがダイエット成功への近道です!

みかんの驚くべきダイエット効果とは☆

いわき市湯本の美容室アンジェリクの成田です(^^)!

ブログ画像

みかん独特の甘酸っぱさが好きな方も多いかと思います!
そんなみかんにダイエット効果が期待できることをご存じですか?その効果についてご紹介します(^^)!

<水溶性食物繊維・ペクチン>
ペクチンは、食べ物の消化を行う酵素の働きを助ける作用があり、脂肪の蓄積を防ぐ効果が期待できます!また、水分を含んで膨れるため、満腹感を感じやすく、腸内環境を整え、便秘解消効果もあります(^^)!

<不溶性食物繊維>
不溶性食物繊維は水に溶けない代わりに自らが水を吸い込み、誇張して大きくなることから、腸壁を刺激し、そして老廃物を吸着して体外で排出する働きがあります!

<クエン酸>
みかんの酸っぱい味の源のクエン酸ークエン酸には、体内の糖質を素早く分解することでエネルギーを生み出す働きがあり、ダイエット効果はもちろん、疲労回復も期待できますー

<ビタミンC>
みかんは昔から「風邪などを予防する」と言われてますが、みかんに多く含まれているビタミンCの働きによるものです!また、ビタミンCには抗酸化作用があり、これによって血管を強くし、血流を促進することから、新陳代謝がアップして痩せやすい体を作る効果も期待できます!美肌、美白効果などにも◎、女性には嬉しい効果です!

〈シネフリン〉
みかんなどの柑橘類に含まれる成分であるシネフリンには、脂肪の分解作用があるリパーゼという酵素の分泌を高める作用や、脂肪燃焼の効率を上げる働きがあります!

【みかんの食べ方の3つのポイント】
<内袋やスジは取らずに一緒に食べる>
みかんのダイエット成分は、主に透明な内袋や白いスジの部分に含まれていますー剥がして食べるより、ダイエットのためには一緒に食べた方が効果的です!

<食前1個、1日3個まで>
美味しいからとついつい食べすぎないよう、食事の前に1個、1日3個までを目安にしましょう!

<青いみかんを食べる>
ダイエットに効果的な成分が多いのは、熟したオレンジ色のみかんより、未成熟の青いみかんの方です!

ブログ画像

この冬はコタツに入ってみかんを2個3個と食べるのではなく、食事の前にみかんを食べて、痩せ効果を期待してみてはいかがでしょうか?

覚えておきたい化粧水の馴染ませ方☆

いわき市湯本の美容室アンジェリクの成田です(^^)!

ブログ画像

もうすぐ冬本番!寒い冬はボディのカサつきだけでなく顔の乾燥に悩み始めますよね!きちんと化粧水をつけているはずなのに肌が乾燥して辛いという方は、馴染ませ方を見直してみませんか?意識して化粧水をつけていきましょう(^^)!

化粧水をきちんとつけて保湿しているのに、肌が乾燥して元気がない、ファンデーションがうまく乗らずにカサカサする、という場合はまず化粧水の馴染ませ方を見直すといいでしょう!

化粧水を付ける際、マッサージするようにぐいぐい擦りながら化粧水をつけていたり、もったいないからと少しだけ使っていたり、一部分だけ念入りにつけていませんか?ここからは乾燥を予防する化粧水の馴染ませ方をご紹介していきます(^^)!

化粧水を正しくつけることで、肌が潤いで満たされてキメがふっくらと整います!きちんと馴染ませれば、ごわついた肌もなめらかになり透明感が高まるため、化粧水のつけ方はとても重要!特に乾燥しやすい方は、化粧水をたっぷりバシャバシャつけたり、ぐいぐい押し込むようにマッサージをしながら塗ったり、コットンで激しくパッティングすることは控えましょう!

化粧水を馴染ませる際にとても大切なのが、顔の隅々まで均等につけてあげること!バシャバシャとたっぷりひたひたになるくらい重ね付けしていても、意外と顔の隅々まで馴染んでいない可能性があります(^^)!

まずは手持ちの化粧水に記載された規定量を清潔な手のひらにとり、両頬や額においてから、両手のひらで包み込むように伸ばしながら馴染ませましょう!そして、口の横から耳、額からこめかみに向かうように、顔の中心から外側へ馴染ませてくださいね!目頭や目尻、小鼻や口元、ほうれい線などの細かい部分にも優しく重ね付けをして、最後に手のひらで押さえるように馴染ませた化粧水を入れ込んで完了です!

化粧水をしっかり馴染ませたあとは、水分や潤いの蒸発を防ぐためにも保湿クリームや乳液をムラなく伸ばすこともポイントですよ!ブログ画像

化粧水をつけているのに肌がカサついて悩んでいる方は、自分が普段どのように化粧水を馴染ませているか確かめつつ、均等にムラなくつけることを意識してみるといいですね!毎日のスキンケアに欠かせない化粧水を上手に使って、冬の乾燥に負けない肌づくりをしていきましょう(^^)!

手ぬぐい洗顔がおすすめな理由☆

いわき市湯本の美容室アンジェリクの成田です(^^)!

ブログ画像

手ぬぐい洗顔でツルツル肌を目指しましょう(^^)!

【手ぬぐいの特徴とは?】
手ぬぐいの素材はタオルと同じ木綿ですが、タオルとは織り方が異なり、手ぬぐいは糸が縦と横に交差して織り上げる「平織り」で作られています!その為、布が薄いのが特徴です!また、吸収性が良く、早く乾く・カビにくい・カットしやすい、という特徴もあります(^^)!

【「手ぬぐい洗顔」のメリット】
◎古い角質を除去して角質ケア
手ぬぐいは目の詰まった布で、繊維がとても細かい為、ソフトなピーリング効果が期待できます!古い角質を除去することで、くすみが解消される・肌に透明感が出る・肌のターンオーバーが整うなどの効果が期待出来ます!

◎毛穴の黒ずみ改善
手ぬぐいの細かい繊維と、石鹸の泡とでしっかり毛穴の汚れを落としてくれるので、毛穴の黒ずみが改善されます!

◎浸透力アップ
古い角質が取り除かれることで、洗顔後に使うスキンケア製品の美容成分の浸透力が高まります!

◎メイクも落とせる
アイメイクだけ専用のクレンジングで落とせば、クレンジング剤による肌への負担を減らせます(^^)!

【手ぬぐい選びのポイント】
・手ぬぐいの染料は落ちやすい為、色柄ものよりも白無地や白無地に近いものがオススメ
・素材は木綿100%のもの
・なるべくキメの細かいもの
・蛍光剤を使っていないもの
・日本製のもの

【「手ぬぐい洗顔」のやり方】
必要なものは、手ぬぐいと石鹸だけ!
1. 顔をぬるま湯で濡らす!アイメイクなど濃い部分は、専用リムーバーで事前に落としておくと良いです!
2. 手ぬぐいをぬるま湯に浸し、軽く絞ってから顔を拭く!
3. 手ぬぐいに固形石鹸をつけ、泡立てる!
4. 泡立てた手ぬぐいで、顔全体をなでるように優しく洗う。顔の上から順に、円を描くようにクルクルと!
5. ぬるま湯で、石鹸をしっかり洗い流す!

【「手ぬぐい洗顔」のポイント】
・肌への刺激になってしまうので、決してゴシゴシ擦らない
・肌の上を泡で滑らせるように優しく洗う
・小鼻など細かい部分は 、指に手ぬぐいを巻きつけると洗いやすい
・洗顔後はしっかりと保湿する
・雑菌が繁殖しないよう、使い終わった手ぬぐいはよく洗い、広げてしっかり乾燥させる
・最初は週2~3回からはじめ、肌の様子を見ながら行う

ブログ画像

もちろん身体にも使えますよ!

WEB予約はこちら