カテゴリ

HOME > ブログ > アーカイブ > 2018年5月

ブログ 2018年5月

カラー豊富です\(^^)/

こんにちは!アンジェリクのかすみです!(^-^)

アンジェリクのスタッフは色とりどりです!(^-^)/
カラー剤豊富なため、暗めのお色はもちろん、
白髪も染まる流行カラーやビビットなカラーもたくさんございます(o^^o)
ブログ画像
カラーするならアンジェリクへお越しください☆☆☆☆☆

意外と知らない髪に良い食べ物☆

アンジェリクの成田です(^ ^)!
今回は、髪の毛に良い食べ物を紹介致します(^ ^)!

髪に良いもの10選

1.卵
健康な髪を保つのに必要な4つのミネラル、セレニウム、鉄、亜鉛が含まれております(^ ^)!
アミノ酸を含むタンパク質は髪の毛の基本成分であるケラチンのもととなるのでとても重要です(^^)!

2.サーモン
サーモンは高品質なタンパク源とビタミンB-12、鉄分を多く含むオメガ3脂肪酸が豊富です(^ ^)!
オメガ3は髪に欠かせない栄養素で、油分と水分を保つ働きがあります(^ ^)!

3.牡蠣
ブログ画像

牡蠣は亜鉛を多く含み、髪質の向上に効果があると言われています(^ ^)!
亜鉛が不足するとケラチンの合成がうまくいかず、脱毛しやすい弱い髪になります!

4.緑黄色野菜
にんじん、かぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜、ビタミンA、C、E、Fを多く含む食品は血行を良くして抜け毛を防ぎます(^ ^)!
緑黄色野菜には、細胞分裂を助けるビタミンB群や血行を促進するビタミンEなどのビタミンが豊富に含まれてます(^^)!

5.豆類
豆類には、鉄分、タンパク質、亜鉛が含まれており、これらが髪の毛の健康を増進します!

6.鳥肉
鳥の肉には豊富にたんぱく質が含まれていて、毛髪の健康だけでなく身体全体の健康のためにも必要な鉄分を大量に含みます(^^)!

7.豚足、牛すじ
 これらの食品に含まれるのがコラーゲンで、肌に良いだけでなく、髪の毛の健康に役立ちます(^^)!
コラーゲンを多く含む食品は髪のツヤやハリをよくします!

8.黒ゴマ
黒ゴマには、ナイアシンや鉄分などの必須ミネラルが豊富です!
黒ゴマは髪の毛を黒く保つのに効果が高いといわれています!
ブログ画像

9.乳製品
ヨーグルトのような低脂肪乳製品は、髪の成長に必要なミネラルであるカルシウムを、多量に含みます!
カルシウムが不足すると脳の神経細胞の働きが悪くなって髪の生成がスムーズにいかなくなり、脱毛の原因にもなりえます(^^)!

10.ビターチョコレート
このカカオ分にたんぱく質やビタミン、ミネラルなどが含まれており、髪にいいとされています!
カカオに含まれるポリフェノールが、髪の毛を老化させる活性酸素を除去することによって髪の毛の若さを保つとされています(^^)!

食事は規則正しくバランスよくとることが大切なので普段から上記の食べ物をバランスよくとれるように意識しましょう(^^)!

血行不良が髪に与える影響について

皆様こんにちは!
「アンジェリク」の「ヤマザキ翔」です(^_^)
ブログ画像
血行不良によって引き起こされる髪の毛への影響をお伝えさせていただきます。
 血液と髪の毛は一見なんの関係性のないものに思えますが、実は大きい関連があるんです!
 髪を作るための栄養成分は血液とともに毛根に送られて髪へ栄養を与えていき、
ハリコシが出たり健康な状態の髪の毛が作られます。
 
実は、血行不良になると栄養が運ばれる優先順位が髪の毛は1番低いのです。
 血行不良になってしまう原因として、生活習慣によるものが多く、
仕事で長時間同じ体勢でいることによる
筋肉のコリ、睡眠不足、食生活、喫煙、運動不足と日々生活の中に原因が隠れています。
 
生活習慣の改善が1番の解決策ですが、
なかなかいきなり変えるのは難しい方は頭皮マッサージがオススメです。
 
髪のエイジングケアの基本は【頭皮】にあります。
 これは地味ですが本当に大事です!
まだエイジングについての知識が弱い頃私は自分でやる頭皮マッサージをみくびっていましたが、
調べていくうちに頭皮マッサージの重要性に気づかされました。
 
時間が空いた時で良いので、頭皮を揉みほぐすようにマッサージしましょう☆
シャンプー時にやるのがオススメですよ♪
 
お客様をシャンプーする際に頭皮マッサージをするのですが、
一人一人頭の硬さが違います。
 
頭皮が硬い方は血行が良くない疑いがあります。
日々のマッサージがチリも積もれば山となり健康な髪へと導いてくれるでしょう♪

☆ビタミンEでエイジングケア☆

皆様こんにちは!
「アンジェリク」の「ヤマザキ翔」です(^_^)
 
 エイジングケアの方法は2通りあります。
 「体の中から老化につながる要素を減らす、遠ざける方法」
 「見た目、印象の老化を防ぐ方法」
 
 前者の方は、生活習慣の乱れを正したり、
サプリメントを用いて老化を促進するものを抑える栄養を補うなど体の中から綺麗にしていくやり方。
 
後者は、スキンケア、ヘアケアなどでの保湿したり、
白髪による見た目の老化を白髪染めによりカバーする、血行を良くするためのマッサージなどのやり方。
 
 今回は1つ目の方法で、アンチエイジングに必要な成分『ビタミンE』のご紹介です。
 ビタミンEで、うるおい保湿でしっとり肌へ
 
皮膚の血行促進や皮膚温を上昇さ、
皮膚の角質硬化防止、抗酸化作用、保湿効果、メラニンの沈着抑制、
抗炎症作用、紫外線防御効果、化粧品の安定性向上等の多彩な作用・効果が認められています。
 
このことから、髪のエイジングケアの敵である活性酸素を除去、
紫外線から守られキューティクルの破壊を防ぎます。
 
皮膚の保湿、血行促進は頭皮環境を良好にし、健康的でハリコシのある毛が生える状態を整えます。
 髪のエイジングケアが気になっている方には、特にオススメできるビタミンです。
 
 
ビタミンEが欠乏すると、、
 紫外線などの影響で体が酸化し、キューティクルの破壊から髪質の悪化、
カラーリングの持ちが悪くなってしまったり、シミやシワの原因になります。
血行が悪くなり、冷え症やしもやけ、肩凝り、頭痛を起こしやすくなり、
生理痛や更年期障害の諸症状がひどくなることもあります。
 
 
ビタミンEが豊富に含まれる食物
 魚類、モロヘイヤ、大根、かぼちゃ、赤ピーマン、しそ、アーモンド、マーガリン、卵黄等があります。
 
 私も食べていますが塩や油を使っていない無印良品の「素のままアーモンド」が
味も美味しくビタミンEを多く含んでいるのでオススメです♪
 
是非みなさんもビタミンEを欠かさず綺麗な髪と肌を維持しましょう☆

☆エイジングケアはいつから始めればいいのか?

皆様こんにちは!
「アンジェリク」の「ヤマザキ翔」です(^_^)
 
 前回のブログで、ヘアケアとエイジングケアの違いをご紹介しました!
今回はそのエイジングケアはいつから始めればよいのかをお教えします!
 エイジングケアに悩む又は髪質の変化が気になっている女性は20代後半~50代までで約8割と多いです。
しかし!
その8割の悩んでいる方の中で、実際にエイジングケアをしているという方は、なんと3割と少なめ。
 エイジングケアに悩んでいたり、気にはなるけれど何をいつからしたら良いのか
 エイジング(老化)が始まるのはいつからなのか?
 エイジングケアを始めるべきタイミングをお伝えさせていただきます。
 
 個人差はありますが、女性は25歳前後から髪質や頭皮環境も肌と同じく大きく変わります。
 髪のエイジング(老化)の原因は実は頭皮にあるんです。
 エイジングで1番重要なのは20代後半からの頭皮ケアです。
エイジングケアをしている頭皮から生えてくる毛とエイジングケアをしていない頭皮から生えてくる毛では
その後の髪質が大きく変わります。
 
25歳くらいから生えてきた毛が伸びていき、影響を受けるのが35歳の髪と言われています。
 正しいエイジングケアを続けていきましょう。
 
では、いつからエイジングケアをするべきか!
エイジングケアは早ければ早いほどよいのです。
 
個人差はありますが、誰にでもエイジング(老化)は訪れます。
髪のエイジングケアを早めに始めていたり、
早めに自分の悩みや髪質を理解して正しくエイジングケアと向き合っていれば必ず綺麗な髪を保つ事が可能です。
 
エイジングケアに早すぎるということはありませんよ。
 
 このブログを読んで、エイジングケアを始めるキッカケになれば幸いです。
エイジングケアにお悩みの方はヘアチェックの時点でしっかりと
髪のカウンセリングをさせていただきますのでご相談ください。
 
カットカラートリートメントで美容室でできるエイジングケアメニューを提案させていただきます☆

エイジング毛とは?

皆様こんにちは!
「アンジェリク」の「ヤマザキ翔」です(^_^)
 
『エイジング毛』というワード。
なんかいや~な感じがしますが具体的にはどういった髪を指しているか。
 
年齢が原因となりおこる、頭皮や髪質の変化。
エイジング毛は1つではありません。
 
・白髪
 ・元々癖毛ではないのに、うねりやパサつきが気になりだす
 ・顔周りの細い毛が傷んでいる
 ・カラーやパーマをしていないのに傷んでいる
 
これらすべてエイジング毛と言えます。
エイジング毛への薬剤アプローチはかなりデリケート。
白髪染めにしてもパーマにしても普通の毛よりも注意しなければなりません。
 
 
エイジング毛の悩みは人それぞれ。
あなたにあった解決法がかならずあります!
 
パーマが必要なのかトリートメントが必要なのかシャンプーは合っているのか
 ご来店いただいた時にアドバイスをし、エイジング毛の髪質改善させていただきます。
 
昔に比べ髪質が変わった方は是非お任せください。

SNSで話題沸騰☆美髪をつくる【リバースケア】とは?

皆様こんにちは!
「アンジェリク」の「ヤマザキ翔」です(^_^)
 
 SNSで話題沸騰の美髪を手に入れる!【リバースケア】について☆
 (リバースケアって?)
 シャンプーの前にオイルやトリートメントを行う普段のヘアケアとは全く逆の発想によるケア方法☆
 シャンプー前にオイルやトリートメントを湿布することで摩擦も防げます☆
 (やり方って?…)
 ☆まずブラシで毛先をとかし、頭皮は最後にブラッシング
 ☆そしてオイルをつけます♪
 ☆10分くらい置きトリートメントをつけます!
 (ここでシャワールームに移動し)
 ☆軽く洗い流します!
 ☆地肌を中心にシャンプーをする
 ☆最後にもう一度トリートメントをする最後にドライヤーで乾かして終了です☆
 試して実感の声が☆
 
髪にお悩みの方是非ご相談ください☆

今日は、、、ストライプ◎

こんにちは!アンジェリクのかすみです!(o^^o)
今日のスタッフのコーディネートは、、
なんと!4人もストライプに!\(^^)/

ブログ画像
思わずみんなで写真を撮ってしまいました(笑)

今度は何でおそろかな、、、?!
また、ご報告しますね!!(^-^)/

紫外線対策☆

アンジェリクの成田です(^^)!
今回は、これからの時期、1番気になる紫外線の対策の仕方について紹介致します(^^)!

ブログ画像
髪や頭皮は、顔の2~3倍といわれてます(^^)
髪が日焼けしてしまうと、枝毛、切れ毛、裂け毛の原因になるほかダメージで赤茶色に退色してしまいます(T-T)!
潤いやツヤのない髪はそれだけでも老けた印象を与えてしまいます(T-T)!
髪を紫外線のダメージから守るには、未然に防ぐケアと日焼けしてしまった際のケアが主なポイントとなります(^ ^)!

1.UVスプレーを使う
顔や体に日焼け止めを塗るように、髪や頭皮もUVスプレーで保護してあげましょう(^^)!
スプレータイプだと持ち歩きも可能なので一日外出する際は2~3時間おきにするようにしましょう(^ ^)!

2.日傘や帽子を使う
紫外線対策の定番ともいえる日傘と帽子でガードする方法です(^ ^)!
デザインよりも素材で選ぶといいかもしれないですね(^^)!
UVカット加工のされてるものやツバが前方7~10センチほどあるものや隙間があまりないものがいいですね(^ ^)!
蒸れてかぶらない人やヘアセットをしてかぶれない人は日傘をさすのが効果的です(^ ^)!

ブログ画像
3.分け目を変える

同じ分け目だと一部にダメージが集中して頭皮がダメージをうけてしまい炎症の原因になります!
新しい髪の毛に栄養が行き渡らず白髪や薄毛の原因にもなりますので分け目を変えてみましょう(^^)!

4.アウトバストリートメンや保湿力の高いシャンプーを使う
紫外線対策としてだけでなく乾燥、空気中のホコリ、髪同士の摩擦など髪の毛は常に外的刺激にさらされていますので
アウトバストリートメントを使うことをおすすめします(^^)!
毎日使うトリートメントとシャンプーを保湿力の高いモイスチャーシャンプーなどに変えるのもいい方法です(^^)!

5.紫外線の強い時間の外出を控える

10時~14時が紫外線の強い時間と言われており、10時~12時がもっとも紫外線量の多い時間ですので、予定がない日はなるべくその時間帯の外出は避けるようにしましょう(^^)!

これからの時期は上記の5点を意識してすごしましょう(^○^)!
小さな積み重ねが大きな変化につながるので日々のケアを大事にしましょう(^○^)!



 

エイジングケアとヘアケアの違いとは?

皆様こんにちは!
「アンジェリク」の「ヤマザキ翔」です(^_^)
 
 今回は、ヘアケアとエイジングケアの違いについてです。
 似ているようで違うこの2つの言葉。
簡単にしっかり違いがわかるように説明していきます。
 
ヘアケア
 今生えている髪のケアのこと主なヘアケア用品 
・ヘアオイル・ドライヤー
・ヘアケアを目的としているシャンプートリートメント・ブラッシング等
 
 エイジングケア
今ある髪の印象年齢を若くする頭皮環境を整えてこれから生えてくる髪のケアのこと
 
エイジングケアには、2通りあります。
 ・見た目を若々しく見せる方法
・ホルモンや栄養を整え、身体の中から老化を防ぐ方法
 
主なエイジングケア用品とメニュー
・ヘッドスパ・頭皮環境改善を目的としているシャンプートリートメント
・白髪染め・エイジング毛改善縮毛矯正・サプリメント等
 
 簡単にですが、ヘアケアとエイジングケアの大まかな内容と目的がこちら。
「ヘアケア」もとっても大切ですが
髪質を良くするというよりは、これ以上悪くならないようにするケアなので
年齢に関係なく「エイジングケア」がそれ以上に大切です。
 
 ヘアケアではなく、エイジングケアがあなたの髪質を改善する方法です!

1234567

« 2018年4月 | メインページ | アーカイブ | 2018年6月 »

WEB予約はこちら